みんなの投稿レシピ

イタリア風カリフラワーパスタ~野菜がメインデッシュ

イタリア人の友人からカリフラワーは離乳食からお粥まで応用できると聞いて作ってみました。
余分な調味料を使わないので、赤ちゃんから高齢者まで食べられます。
パスタ類はペンネやロングパスタを折っても良いです。パルメザン、チェダーなどチーズの種類を変えたり、ベーコンをビーフ、ポークやチキンに変えればおもてなしにも使えます。

材料

  • カリフラワー
    1個
  • パスタ(ショートパスタ、ペンネなどお好きな物)
    好みで 適量
  • ベーコン
    好みで 適量
  • 好みで 適量
  • チーズまたはトマトソーズなど
    好みで 適量
1

パスタはペンネ、ロングパスタを折る等自由。ベーコンは塩味があるので調味料は不要。

2

カリフラワーはザックリ切る。

3

カリフラワー、水2カップ、塩ひとつまみをバーミキュラに入れて蓋をして弱火で煮る。

4

30分くらいで水分が出て来る。

5

ベーコンを入れて更に煮る。 離乳食ならばベーコンを入れる前に取り分ける。

6

カリフラワーがペイスト状になってきたらあと少し。

7

パスタ類を入れ、好みの硬さになったら火を止めて、塩・胡椒・チーズで味を整える。

8

チーズやトマトを入れたりしてアレンジが効きます。

つくり方のコツ

カリフラワーがペイスト状になるまで煮込むのがコツです。急ぐときはお水を多めで蓋を開けていつもより強めの火にして下さい。
ベーコンを使う場合はお塩を少なめにして下さい。お肉類やパスタを入れる前に取り分ければ離乳食としても使えます。歯の弱い高齢者にも喜ばれます。
ビタミンCが豊富なカリフラワーは、がん、便秘、高血圧、風邪、動脈硬化等の予防と美肌に効果がありますのでたっぷり召し上がって下さい。
我家の来客は食欲旺盛で良く食べる人ばかり。海外では友人宅で多人数のお料理を作ることも多々あります。
少ない材料で化学調味料を使わず、簡単でボリューミィーな料理が得意です。
特に”柔らか焼き豚絶品タレ”は我が家のロングセラーの自慢レシピですので、是非お試し下さい。

バーミキュラ ナチュラルベージュ14cm、18cmと22cm。ホワイト18cm。ホットキーパーとマグネットトリベットを愛用。
公開日 : 更新日 : 17/04/05

みんなの感想

レシピを試してみたら、写真と一緒に感想を教えてあげましょう。